2020年10月30日金曜日

死者の日の花 cempasúchil

 

こんにちは。メキシコのオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxaca の坂本です。

早いもので今年も10月に入り、死者の日の季節が近づいて来ました。

オアハカ中心地では死者の日のパン、Pan de muertoなど死者の日にまつわるアイテムも見かけるようになりました。

メキシコで死者の日の花といえばマリーゴールドですが、毎年たくさんの花が祭壇やお墓にお供えされています。

オアハカ市内を車で少し出れば、大きな畑が広がっていますが、その中にはマリーゴールドの畑もあります。

今回はそんなマリーゴールドの畑へ行って来ました。



私が訪れたのは10月中旬頃で、これから満開になる!というところでした。

毎年10月になると大忙しのようですが、2年前に訪れた花畑では今年は栽培していませんでした。今年はパンデミックの影響もあり、栽培をしない、または縮小している農家さんもいるようです。

行ってきた花畑はすぐ隣に花屋さんがあるところで、そこにもプランターに入ったマリーゴールドが敷地いっぱいに売られていました。

トラックいっぱいに花を買っていく人もおり、その光景は圧巻です。これから市場に運ばれていくのでしょうか。



さて、マリーゴールドはcempasúchilと呼ばれており、今やメキシコの死者の日のアイコン的な花になっています。

いくつか種類がありますが、オアハカでよく見かけるのは鮮やかなオレンジ色か黄色で、花が5cm以上はあるセンジュギクという種類です。

大きな花をよく見ると、花びらの広がり方が菊に似ている気がします。

ところで、どうしてこの花を死者の日に供えるようになったのでしょうか?


昔からメキシコの先住民族はこのcempasúchil(センジュギク)を薬草と信じて使ってきました。

その習慣が転じて、今では祭壇やお墓を飾るための花となったそうです。

Cempasúchil は、メキシコのナワトル語で "20の花びら"を意味し、1つの花に20枚の花びらが付いていると言われています。メキシコでは今も一般的に使われている先住民言語の言葉があり、cempasúchilもその一つです。


もともと祭壇に飾る花は、あの世から死者を迎えるための通り道に敷くカーペットや、休息するためのベッドを表しています。

祭壇にたくさん花を置き、その装飾や香りで死者たちを歓迎していることを見せているのだそうです。


お供えの花の意味は日本の仏壇やお墓で見かける花と似ている所もありますが、メキシコでは花を壁や祭壇に敷き詰めたり、散らすこともあるようで、飾り方はけっこう違います。


死者の日にメキシコに旅行する際は、ぜひ祭壇やcempasúchil にも注目してみて下さいね!





2020年10月22日木曜日

メキシコ死者の日を知る!Tertulia 無料開催のお知らせ

 

こんにちは!メキシコはオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxacaの坂本です。

今年はなかなか海外旅行をするのは難しい状況ですね。

そんな中 ICOでは、オンラインでメキシコ死者の日を知れるTertuliaを無料で開催いたします!

ICOのスペイン語講師がご案内する死者の日にまつわる写真やお話で、日本にいながら死者の日の世界を味わってみませんか?





開催日程 ※それぞれスペイン語レベル中級から対象です。

・10月27日(火)メキシコ時間 7pm(日本時間は翌朝10am)

メキシコ人作家エレナ・ガロが書いた死者の日についてのショートストーリー「Perfecto Luna」を読みます。

・10月28日(水)メキシコ時間 7pm(日本時間は翌朝10am)

あの世と死者にまつわるメキシコの伝説や言い伝えをご紹介します。

参加講師:Omar Castellanos

・10月29日(木)メキシコ時間 7pm(日本時間は翌朝10am)

メキシコの中でも伝統的な習慣が残るオアハカで、実際に現地の人は家族や友人とどのように死者の日を祝うのか? オアハカで生まれ育った講師がその体験を共有します。

参加講師:Omar Castellanos


参加方法

Zoomを通して開催します。無料で参加いただけますがお申込みが必要です。

オンラインレッスン予約サイトよりお申込み頂いたのち、メールで Zoom参加用のリンクをお送りします。

開始時間までにZoomのリンクよりログインし、ご参加ください。

オンラインレッスン予約サイト:https://www.icomexico.mx/tertulias


3日間のスペシャル開催です!死者の日によく使われるスペイン語に触れることができる、とてもいい機会かと思います。

皆さまの参加をお待ちしています。





2020年10月19日月曜日

2020年のICO死者の日コースと営業時間について

こんにちは。

メキシコのオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxaca の日本人スタッフ坂本です。


今回は ICOの営業時間と、当面のオアハカへの渡航・滞在についてお知らせしたいと思います。

※10月19日現在の情報です。当校の営業時間等については変わり次第またお知らせいたします。




先日、学校で対面授業をしているのか、そもそも外国人の生徒を受け入れているのか?という

お問い合わせをいただきましたが、

当校は月曜日から金曜日の9時〜13時までオープンしております!


対面クラスの生徒も受け入れており、今は少人数で十分な間隔を空けながらレッスンを受講いただけます。

グループレッスンは1日4時間(文法レッスン3時間・会話レッスン1時間)の20時間プログラムと1日3時間(文法レッスン3時間)の15時間プログラム、

またプライベートレッスンも9時〜13時までのご希望の時間に受講いただけます。

しばらくは13時までの運営のため、午後のアクティビティのワークショップ、インテルカンビオはありません。


・メキシコまでの渡航・入国について

メキシコシティと成田間はアエロメヒコ、ANAの直行便がありますがアエロメヒコは10月31日まで運休中しています。

ANAは10月・11月は週6便を運行しているとのことです。

各航空会社のウェブサイトでご確認ください。

ANA:https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/

アエロメヒコ:https://aeromexico.com/es-mx/rutas-y-comunicados-oficiales


なお日本人がメキシコへ入国する際、メキシコ保健省のサイトによると、特にPCR検査や14日間の自主隔離などの制限はないそうです。

入国時に検温と質問票への記入が必要となります。


メキシコシティからオアハカまでの移動については、飛行機・バスともに運行しています。

各ターミナルに入る際は、検温・手の消毒を行なっています。

予約・運行スケジュール等については、各会社HPをご覧くださいませ。



・オアハカでの滞在先について

ICOではご希望の方にオアハカのホームステイ先を紹介しています。

また学校で提携しているB&B La Betulia とCentral Xochimilcoも営業を再開しております。

ホテルについては、現在オアハカ中心地のホテルは全体の30〜50%の部屋数で稼働しており、予約・滞在が可能です。



・オアハカの死者の日イベント

メキシコでは、コロナウイルス感染者数による危険度やそれに伴う経済などの活動再開の目安を表す色信号(赤、オレンジ、黄色、緑)が州ごとに発表されます。

オアハカは先週まで黄色でしたが、今週からオレンジに戻りました。


オアハカで例年行われる主な死者の日のイベントは、残念ながら今年は中止となりました。

これにより ICOの死者の日コースとイベント、ツアーも、今年は不催行の予定です。



最後に、この半年間は世界的にめまぐるしい期間でしたが、オアハカにいて良かったこと紹介させて下さい!

私はこの状況になってからもずっとオアハカにおり、毎日学校に出勤していましたが、振り返ると下の2つが印象的です。

・お店や市場に入る際、検温や消毒、手洗いを徹底している!

1ヶ月前までは、週1回の買い物以外はほとんど外出しませんでした。

たまに外出すると靴底を消毒するマットや人全体を消毒できるスプレーなどもあり、予想以上に徹底していたので安心しました。

メキシコの人は元気なのにマスクを付ける、というのに慣れていないようだったので、新しい習慣を取り入れる感覚だったのでしょうか。

大きなスーパーやお店では、今もグループで1人のみの入店ルールをとっている所が多いです。


・日本人(アジア人)だからといって、差別されなかった

海外でアジア人嫌悪についてのニュースを見ましたが、そういう嫌がらせなどに遭ったことは今のところないです。

こういう差別的な体験は、幸いにもオアハカに来てからずっと無い気がします。

逆に、コロナ禍で日本の生活習慣が注目され、アドバイスを求められたことがけっこうありました。


以上、営業時間とオアハカまでの渡航、イベントの近況についてでした。

入国、航空会社のスケジュールなどは状況により変更がありますので、詳しくは各サイトでご確認ください。





2020年9月25日金曜日

学校の隣にレストラン La Biznaga がオープン

こんにちは。
メキシコのオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxacaの坂本です。

オアハカの街中では少しずつお店の営業がスタートしています。
新しい態勢が浸透してきており、飲食店では間隔をあけて店内で食事ができるところもあります。

さて、そんな中 ICOと同じブロック内にレストランLa Biznaga が今週オープンしました。
La Biznaga はもともと中心地にお店を構えていたオアハカの人気レストランで、今回 ICOの隣に移転し、以前は宿舎などで使っていた建物で新たにスタートしたそうです。

ということで、先日さっそく食べに行ってきました。




現在は火曜日〜日曜日の朝9時〜5時まで営業、朝食と昼食をとることができるそうです。
※営業時間は今後変わることがあります。

店内は広々していて、いくつかの部屋に分かれています。




私は昼食に Menúと言われるランチセットを食べて来ました。
150ペソでドリンク、前菜、サラダ、メインプレート、パンとトルティーヤがついています。

メニューは日替わりで、ドリンクとメインプレートを選ぶことができます。
この日のドリンクはハマイカ、パパイヤ、グアバのジュース、
またメインプレートは牛のスネ肉、肩肉、ウサギ肉の煮込みのラインナップでした。

私はパパイヤジュースと牛肩肉のソテーを注文しました。








どれも手が込んでいてとても美味しかったです!
盛りだくさんで人気レストランの味がランチ価格で楽しめるのはかなりお得かと思います。

また、それぞれのメニューは食べ終わったいいタイミングで出してもらえたので、
ICOのお昼休憩にさくっと食べたい人も、ゆっくり味わいたい人にもいいと思いました!

ICOの生徒さんからは、学校近くで手軽に食べられるところをよく聞かれるので、こういったお店が増えて良かったです。

オアハカでは新しいカフェやレストランがちょこちょこ増えています。
昔ながらのオアハカの雰囲気を残しながらも、おしゃれでモダンなところもたくさんあり、
1年の間にまた違った町歩きが楽しめる場所です。
そういう所も、何度もオアハカに足を運ぶ人が多い理由の一つかもしれません。

初めての方も、リピートの方も、スペイン語の勉強がてらぜひ1度オアハカにいらして下さい。
クラスのお昼休憩にいける ICO近くのカフェやレストランなど、ぜひご紹介します。


2020年9月9日水曜日

学校近くのおしゃれな B&B La Betulia 〜宿泊施設編〜

こんにちは。

メキシコはオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxaca の日本人スタッフ坂本です。

前回に引き続き、学校近くにあるB&B La Betulia の宿泊施設についてご紹介します。

La Betulia は朝食の評判もさることながら、オアハカに五万とあるホテルの中でも旅行者の間で高い満足度を誇っています。


またメキシコの伝統的な家を改装したB&Bで、どの部屋も中庭に向かい合った昔ながらの造りとなっています。

オアハカで有名なサント・ドミンゴ博物館の中庭もこのようなアーチ型の造りになっているんですよ。

1階と2階にそれぞれ個室が数部屋あります。





1階にある1部屋を見せてもらいました。
それぞれの部屋には、オアハカのお酒メスカルの原料である植物アガベの名前がつけられています。
アガベの絵と名前がタイルで表札のように付いているのですが、こういうディテールが可愛いです。



また、それぞれの部屋には色のコンセプトがあり、この部屋はグリーンでした。
壁などが統一されていて、とても落ち着く雰囲気です。






部屋には机も置かれています。
スペイン語の勉強や、手紙を書くのにとてもいいですね。






続いて、2階のアパート部屋にお邪魔しました。

アパートにはリビング、キッチン、バスルーム、そして寝室が2部屋ついています。

家具家電が完備されており、長期滞在の方はすぐに生活を始められそうです。




大きな窓からの自然光がとても気持ちの良いリビングです。
キッチンには電子レンジやコーヒーメーカーなど必要なものが完備されています。
市場もすぐ近くにあるので、メキシコのご飯に少し疲れた方は新鮮な食材を買ってきて自分で作るのもいいかもしれません。







こちらは寝室です。
1週間に1回、清掃も入るので清潔さを保って滞在できます。






アパートでは、家族やお友達同士で滞在も可能です。

昔ながらのオアハカの雰囲気を感じつつ、ゆったり過ごしたい方にとてもオススメしたいB&Bです。

また、ICOでスペイン語クラスを受講する方には、宿泊の割引があります。
料金やご予約については La BetuliaのHP、またはinfo.jp@icomexico.com までご連絡ください!










2020年9月2日水曜日

ICO提携のB&B La Betulia に行ってきました!〜朝食編〜

 Hola!こんにちは。メキシコはオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxacaの坂本です。

先日、ICOが提携している宿泊施設 B&B Betuliaが週末の朝食を再開したということで、さっそく行ってきました。


La Betulia は ICOから歩いて5分ほどのところにあります。

La Betulia Bed and Breakfast Oaxaca

朝食のみの利用可。朝9時〜営業。



La Betulia のあるエリアは繁華街からほど近い、住宅街を少し入ったところにあり、とても落ち着いた雰囲気です。
すぐ近くに市場もあり、地元の新鮮な野菜や花などローカルな様子を見ることもできます。

さて、そんなB&Bに一歩入ると、外観からは想像できないようなオシャレな空間でした!
青々とした緑に囲まれ、とても気持ちの良い中庭にテーブルがあります。





また、食器類やインテリアはオアハカならではの民芸品が使われています。
キッチンがすぐ隣にあり、これがとっても可愛いんです!

オアハカの中でも、タイルを使った伝統的スタイルのキッチンが見れるところは少ないと思うので、これも素敵なポイントかと思います!





朝食は、色んな種類のフルーツやパン、ヨーグルト、搾りたてのフレッシュジュースをバイキング形式で選ぶことができ、コーヒーはテーブルに持ってきてくれました。

その後メインのプレート料理を注文しました。
この日のプレート料理はFrijoles con huevos と Molletes。メニューは日替わりだそうです。
Frijoles con huevos はトルティーヤの上に黒豆のペーストとフレッシュチーズ、卵をかけたもの。朝ごはんの定番です。

卵は目玉焼きやスクランブルエッグなどから調理方法を選べます。





私は Molletes を注文。
Molletes はバゲットの上にトマトや玉ねぎ、チーズなどをのせたもので、ここでは香ばしく焼いたチーズとカリカリのベーコンがとても美味しかったです。





海外では、レストランでどのくらいの量が来るのか、また何をどう注文していいか分からない時もあったりします。
La Betuliaの朝食では色んなものをつまみながら楽しむことができ、私はこのスタイルが好きでした!

コーヒーも全部込みで一人120ペソでした。
ゆっくりとした週末の朝食にLa Betulia はとてもおすすめです。

朝食の後は、宿泊用の個室やアパートにもお邪魔しました。

次回は、おしゃれなLa Betulia のお部屋の中ををご紹介したいと思います!






2020年8月21日金曜日

【体験談】テーマ型オンラインレッスン Tertulia Literariaを受けてみました!

 

Hola! こんにちは。

メキシコのオアハカにあるスペイン語学校 Instituto Cultural Oaxacaの坂本です。


オアハカの中心地ではニューノーマル態勢の中、少しずつお店が開き始めました。

以前ほどではないものの、少しだけ活気が戻った様子をみると嬉しくなります。

毎日がフィエスタ!とも言われるほど賑やかな雰囲気が特徴のオアハカなので、

早くその街並みが戻ってくるのを願うばかりです。


さて、3月からスタートしたテーマ型オンラインレッスンTertuliaですが

引き続き好評をいただいており、日本人の生徒さんも少しずつ増えてきました。


メキシコの観光地やグルメ、民芸、アーティスト、革命についてなど、メキシコに行ったことがない方でも

楽しめるようなテーマが人気です。

また、以前は日本の深夜や早朝などが多かった受講時間は、朝の9時以降など受講しやすい時間帯も増えてきました。

そこで今回は私もメキシコ文学のTertuliaを受講してみたので、レポートしたいと思います!


なお、以前5月にYumeさんがオアハカ料理モーレについてのTertuliaを受講し、体験談を書いていただいています。

こちらもぜひご覧ください。




受講したTertulia:Tertulia Literaria Nivel Avanzado

使用した教材:Bonsái ( グアダルーペ・ネッテルの著書 Pétalos y otras historias incómodasより)

講師:Marycarmen先生



・事前準備

8月のメキシコ文学のテーマはメキシコ人作家グアダルーペ・ネッテルの作品です。

今回は彼女の著書 Pétalos y otras historias incómodas の一節、Bonsái を読むレッスンに申し込みました。

ちなみにBonsái はあの日本の盆栽です。率直にメキシコの人が描く日本の盆栽や庭園が気になりました。


レッスン前日の夜にメールで資料とZoomへの招待メールが送られてきました。レッスンはZoomを通して行います。

資料には、レッスンの流れ、作家紹介と小説から抜粋した本文、話し合うトピックが書かれていました。

私は書き込みたかったので資料をプリントし、分からない単語や表現をチェックして一通り読みました。

その後、レッスン中に話す内容を簡単にまとめました。



・レッスン中

レッスンはアメリカの生徒と私、先生の3人でした。(Tertulia は1グループ生徒3名までです。)

自己紹介から始まり、本についての簡単な感想を話します。

その後、日本の盆栽や庭園についてそれぞれ持っているイメージを話しました。


そして資料に書いてあるトピックについて話しながら進みます。

内容は読解具合を確認するのが半分、登場人物やストーリーの背景から想像できる自分の考えを発表するのが半分でした。

読解については、あるシチュエーションをどのように受け取ったのかを皆んなで話してみると、それぞれ違い面白かったです。

その後、作者が伝えたいことや描写から読み取れることを先生が丁寧に解説してくれました。


私はスペイン語の小説をほとんど読んだことがなく、描写されている人物の気持ちやシチュエーションを理解するのが難しかったです。

例えば、ある人物がヤキモチを焼いていても、「ヤキモチを焼く・嫉妬する」などの直接的な表現は出てこず、文中に描写された表現から気づく形です。

またロマンチックな表現は婉曲的な言い回しも多く、ピンとこない部分が多々ありました。

こうした表現は、スペイン語の小説をたくさん読むうちに気づくけるようになるそうです。


・終わった後

1節だけですが本を読むことで、文学的な表現を知ることができたり、

自分が書き言葉で話していたことや、話し言葉でメールなどの文章を書いていたことが少し認識できました。

また話したトピックの中には、植物になるとしたら何になりたいか?という考えたことがない質問もあり、想像しながらスペイン語で話すとてもいい練習でした。

メンバーのなりたい植物やその理由を聞いていると、その植物へのイメージも全く違います。

生徒同士で発表し合うことで、発音や単語の使い方、予想外の意見など聞くことができ、とてもいい刺激になりました!


メキシコ文学のTertuliaでは、小説を読むといっても本文の全ての内容・単語の意味を理解していないといけない訳でもなかったです。

難しくてスペイン語の文学初心者には入りにくい内容かと思いましたが、先生が言葉を置き換えてゆっくり分かりやすく話してくれたので、一つ一つ理解しながら受講できました。

また自分が発表した内容で文法の間違いや他の言い方などがあれば訂正もしてもらえました。


以上、Tertulia Literariaを受けてみた感想でした。

Tertulia Literariaでは、日本語にも翻訳されているような有名な文学作品を教材として読んでいきます。

月ごとに作家が変わるので、気になるメキシコ人作家の作品をスペイン語で読んでみたい方には特にオススメです。

スペイン語のレベルは中上級以上が中心で、1回(1時間)のみ、または全4回コースで受講ができます。

スペイン語の文学に慣れていない方も、ぜひこの機会にお試しください。




>>こちらの記事も読まれています!