2016年5月31日火曜日

【よくある質問】オアハカWiFi事情!

こんにちは。

あっという間に5月も最終日。本当に毎日過ぎるのがあっという間です。

北米では夏休みがスタートしたらしく、最近は若い世代の生徒さんが増えています。夏季は生徒さんの割合がインターナショナルになるので、世界のいろいろな場所から来た人たちと知り合いたいという人にはおすすめの留学時期です。

今週は、北米のカナダ、アメリカからの生徒さんに加えて、インド、ザンビア、イスラエル、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、ドイツなどとても国際色豊かな一週間です。私自身、ザンビアの人に知り合ったのは初めてで出身地を聞いて驚きました。

(出典:FOTOLIP

インド人、ザンビア人の生徒さんは現在アメリカに留学中らしいのですが、「母国語はなんなの?」と聞いてみたところ、現地で話されているローカルの言葉を二人ともそれぞれ3つくらい話せるのだそうです。そのうちの2つは聞くのも話すのも完璧で、もう1つは聞くのはだいたいわかるけど話すのが難しい、とのこと。ローカルの言葉同士もかなり違うそうなので、一体どうやって習得したんだ?!とただただ驚いてしまいます。その他にも、英語やフランス語も話すらしく、頭の中はどういうことになっているのだろうかと思わず覗いてみたくなります。

そんな、いろんな言語をあやつるおもしろい人たちに出会えるのも海外留学の醍醐味の一つではないでしょうか。

さて、日本からもオアハカへの留学を考えていらっしゃる方たちからお問い合わせをいただくのですが、その中でも特によく聞かれる「WiFi事情」について今日は記事を書こうと思います。

携帯電話は?

メキシコでは、プリペイド式の携帯電話を簡単に購入することができます。通話とショートメッセージができるもので300ペソ(約1,800円)くらいで購入することができます。

購入した後は、アクティベートをしてすぐに使うことができます。

プリペイドなので必要に応じてチャージすればいいので無駄なく使えるのが利点です。

また、日本の携帯電話の国際サービスを利用するのも考えられますが、その場合の通話料や通信料は海外使用料金が加算されるので要注意です。

SIMカードは?

SIMフリーの携帯を持っている人は、SIMカードを購入して差し替えて現地の電話として使うことができます。

SIMカードも安価に売っており、必要に応じてチャージして使うことになります。少額からのチャージができますが、チャージした分には使用期限があるので要注意です。チャージする金額によって使用期限の長さが決まります。残金は、さらにチャージすることで再び使えるようになります。

気になるWiFi事情

最近はスマートフォンやタブレットを持ってくる方が圧倒的に多いです。というのも、使い勝手がいいことに加えて海外のWiFi事情が日本のそれよりも便利なことも挙げられると思います。

それでは、使用場所によっての状況を見てみましょう。

  1. ICO学内
    WiFiが全域で飛んでいるので、学校にいる間はWiFiに常に接続することができます。インターネットを介した辞書なども使うことができます。(たまにインターネットが不安定になることがあるので、電子辞書あるいは紙の辞書の方が確実ではありますが……。)


  2. ホームステイ先
    ホストファミリーのお宅も最近はほぼどこもWiFi完備です。ついてから「ええ?!ここWiFiないの?!」というトラブルをなくすためには、お申し込み時に一言「WiFiのある家希望」と伝えていただければOKです。


  3. カフェ・レストラン
    こちらも、ほぼどこのレストランでもカフェでもWiFiが完備されています。フリーWiFiあり、の表示されている場合はパスワードを聞けばすぐに繋げられます。

    ちなみに、「パスワード」を表すスペイン語は「contraseña(コントラセニャ)」です。覚えておくと便利です。

  4. 街の中
    観光地によっては、街の中にフリーWiFiが飛んでいるところもあります。例えば、オアハカではサントドミンゴ教会周辺でフリーWiFiを拾うことができます。

    オアハカは小さな街なので、グーグルマップなどに頼る必要もなく町歩きが出来ると思います。いずれにしても、街の中で携帯で検索などしていたら観光客であること、あるいは迷っていることがバレバレになるのでおすすめではありません。スマホやタブレットを使う時はできるだけ店の中や家の中など屋内での使用が原則です。ですので、WiFiを使う時はカフェやレストランに行けば問題ありません。

  5. 空港
    オアハカの空港はフリーWiFiは飛んでいませんが、レストランがあるのでその中ではパスワードをもらって繋ぐことができます。メキシコシティの空港は、空港フリーWiFiは飛んでいませんでしたが、TELCELという携帯会社のお試しフリーWiFiにつなぐことができます。(繋げられる時間は20分弱でした。)

    日本は、街中でこそフリーWiFiを探すのに苦労しますが空港は関空、成田、羽田とも空港フリーWiFiが飛んでいて快適です。

まとめ

オアハカのWiFi事情は極めてよいと言っていいと思います。

停電の場合、また、なぜかわからないけどインターネットが繋がらない(オアハカ全域かどうかはわかりませんが、私の家ではたまに起こる現象)時もあるのですが、その場合はどうしようもないので受け入れるしかありません。

フリーWiFiが充実しているので、スマートフォンやタブレットなどを持ってくることをおすすめします。ラップトップも書類を作成する際などは役に立ちますが、荷物になるので滞在期間や旅のスタイルに合わせて選択すればよいと思います。

現地の人も、WiFiを利用してwhatsapp(LINEみたいなアプリ)などでコミュニケーションをとるのが一般的なので、スマートフォンを持ってくる場合は日本から設定してくるとこちらに来てから便利だと思います。

それでは、よい6月をお迎えください〜〜。


日本人スタッフ あみ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(その他)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!