2017年2月27日月曜日

【DELE情報】2017年度日程

こんにちは。気温が上がって来ているオアハカです。日陰はまだ涼しいですが、日向は灼熱の暑さ。もはや、春というよりも、夏の様子。オアハカにいる人は、水分補給をお忘れなく!

今年も、DELEの日程が発表されました。オアハカでは、合計5回開催されます。4月開催の申し込みは終了してしまったのですが、5月以降の開催は以下の通りです。

出願期限まで、全ての回において出願が可能です。

DELE2017年の開催スケジュール

【4月開催】
試験実施日:2017年4月7日(金)
お申し込み期限:2017年2月15日(水)
対象レベル: A1,A2,B1,B2,C1

※申し込み終了

【5月開催】 
試験実施日:2017年5月13日(土)
お申し込み期限:2017年3月29日(水)
対象レベル:A1,A2,B1,B2,C1,C2

【7月開催】
試験実施日:2017年7月14日(金)
お申し込み期限:2017年5月24日(水)
対象レベル: A2,B1,B2,C1

【10月開催】
試験実施日:2017年10月13日(金)
お申し込み期限:2017年8月30日(水)
対象レベル: A2,B1,B2

【11月開催】
試験実施日:2017年11月25日(土)
お申し込み期限:2017年10月11日(水)
対象レベル:A1,A2,B1,B2,C1,C2

DELE2017参考リンク:
https://examenes.cervantes.es/es/dele/que-es

対策コース

各人の強化したいところにフォーカスするために、ICOではプライベートレッスンによるDELEの対策授業も受けていただけます。

受講の仕方は人それぞれですが、試験1週間前から2時間ずつ集中的に受講する方もいますし、1ヶ月前くらいから週2−3回ずつ準備していくという方もいます。

プライベート授業の申し込みについては、オアハカに到着後でも可能です。中長期留学をする方の中には、「せっかくだからDELEに挑戦したい」という方がたくさんいらっしゃいます。DELE合格を留学中の一つの目標にするのもスペイン語を勉強するいいモチベーションになりそうですね。

お申し込み

ICOにて受験を希望される方は、当校オフィスにてお申し込みの手続きが可能です。出願締め切りまでにオアハカ入りすることができないという人は、E-mailにてもお申し込みをしていただくことができますので、興味があるという人はお問い合わせくださいませ。


それでは、良い一週間をお過ごしくださいね。


日本人スタッフ あみ

2017年2月15日水曜日

小銭が断然重宝する国、メキシコ

こんにちは。

最近、ぐんぐんと気温が上がっているオアハカです。それでも、日陰に入ると涼しいので、服を選ぶのが難しいところです。

オアハカ留学の相談を受けるときによく質問されるのが、お金の管理についてです。ペソはどれくらい持って来ておけばいいのかや、どこで両替ができるのか、などです。以前にも、お金関連の記事を投稿したことがあるので、お金関連の記事はこちらからどうぞ

今日は改めて、お金に関してよくいただく質問をまとめてみたいと思います。

オアハカで必要な通貨とは?

オアハカで流通しているのは、メキシコペソのみです。メキシコの観光地などではUSドルが使えるというところもあると聞いたことがありますが、オアハカではペソのみが流通しています。

ただし、USドルをペソに両替できる場所はたくさんあるので、現金を持ってくるなら、日本円よりもUSドルを持って来るのがおすすめです。日本円は両替のレートがかなり悪いのです。USドルを両替するときも、「100ドル」などある程度まとまったお金を両替した方がレートが良くなります。大量の現金を持ち歩きたくない場合は、国際キャッシュカードやクレジットカードを使ってATMで必要分を引き出して使うのが一番安全だと思いますが、どうしても現金も持って来ておきたいという場合は日本円よりUSドルの方が使い勝手が良いです。

小銭を持ち歩きましょう

参照:歴ログ
日本では、一万円札で百円の買い物をしてもお釣りが普通に戻って来ますが、メキシコではそういうわけにはいきません。

「No tengo cambio.(お釣りないよ)」

と言われてしまいます。お店なのだから釣りくらい用意してくれよ、と思ってしまいそうですが、ないものはないのです。そして、お金はあるのに物が買えないという事態になることも珍しくありません。

ですので、町歩きをする際はなるべくちいさなお金を持ち歩くのがおすすめです。

小銭をゲットする方法

とはいえ、両替をしたときには大きなお札で受け取ることもままあります。手渡された1000ペソ札や500ペソ札が恨めしく眼に映るときもありますが、そういう時に使える技を書いておきます。

  1. 観光客によく利用されているカフェやお店で大きいお金を出す
    ちいさな個人経営のお店で大きなお札を出すのは本当に気まずいです。そして、オアハカにある民芸品などを扱うお店にはそういうところが多いのです。こちらは買いたい、向こうも売りたい、でもお釣りがないから両者の間で「うーん」と気まずい雰囲気が流れるというのは、あるあるです。観光客が多い通りにあるカフェなどではお金の回転が早いので、お釣りをたくさん用意しているお店も多いです。申し訳なさそうに大きなお札を使ってみてください。お釣りで一気に小銭をゲットです。
  2. 「お釣りはない」と言い返す
    さっと大きなお札を出したときに、例の「No tengo cambio」というフレーズ、あるいは「¿No tienes cambio?(細かいのないの?)」と言われる時がありますが、そこを断固として「NO」と言っていると、「し、仕方ないな……」という仕草でどこからともなく(自分の財布から出してくる人もいます。)お釣りを探し出してくれます。「なんや、あるんやん」と思ってしまいますが、そこはぐっとこらえて「ありがとう」を忘れずに。
  3. 両替してもらう
    しかし、現金が多く集まる場所というのはやはり存在するのです。普通のお店で何も買わずに両替だけ頼むと断られることが多いのですが、一箇所断られない場所があります。ガソリンスタンドです。ガソリンスタンドには現金を胸ポケットにしまいながら仕事をしている人が多いので、思い切って「¿Tiene cambio?(小銭ありますか?=両替してもらえますか?)」と聞いてみてください。いくらいるのか聞いてくれるので、「500ペソ」とか「1000ペソ」というと両替してくれます。大きなお札をあまり公共の場所で出すのは良くないので、あくまでもこっそりと。

メキシコ到着時に空港から街までコレクティーボタクシーに乗ったり、空港で何か買ったりするのにとりあえず五千円分くらいのペソをもって来ておくと安心です。メキシコシティの空港で時間がありそうであれば空港で両替するのもいいですし、乗り継ぎ時間が微妙、あるいは深夜について早朝に出発なので両替コーナーが空いてそうに無い場合は、あらかじめ日本の銀行や日本の空港で両替を済ませておきましょう。

オアハカ到着後は、生活する中で、自分の生活にあった最適な方法で現金を手に入れるようにするといいと思います。

それでは、良い一週間をお過ごしください。


日本人スタッフ あみ

2017年2月2日木曜日

【FOOD】メキシコでお得なランチ。「コミダコリーダ」

こんにちは。

日陰に入るとひんやりとするオアハカですが、道を歩くと日差しが暑い。何を着たらいいんだ!と思いますが、脱ぎ着して自分が合わせていくしかありません。そういうわけですので、近々オアハカ入り予定の方は、気候の変化に対応できる服を用意していらしてくださいね。

外国に行くとき、何が大切かというとやはり人と食べ物だと思います。その点ではオアハカは両方楽々クリアです。

留学時の費用で心配しなければならないのはそう、「食費」です。元気の源になるものなので、ある程度の出費は覚悟しなければなりませんが、毎日いいレストランでばかり食事をするのも、1週間や2週間なら可能ですが何ヶ月単位の留学になると難しいというものです。

そこでおすすめしたいのが、「コミダコリーダ」です。

コミダコリーダ

カタカナで書くと何かの呪文のようにも聞こえますが、スペイン語で書くとcomida corridaです。場所によっては、menu del díaという名前で提供されているところもあります。いわゆる「本日の定食」です。

メキシコでは、昼食が1日のうちで一番しっかりと食べられるので、定食、侮るべからずです。その内容は:

  • アグア(フルーツの水)
  • スープ
  • メイン
  • 場所によって(小さなデザート)

というミニコース。これにだいたいトルティージャがついてきます。これが、日本食で言うところのご飯がわりです。

しっかりと食べられて、値段もお手ごろなのでおすすめです。メインはだいたい2種類くらいから選ぶことができます。メキシコはスープが食事に出される文化なので、味噌汁文化のある日本人にとってはありがたい限り。

コミダコリーダを提供しているのは、街の軽食堂のようなところから、しっかりとしたレストランまで幅広いので、その日の気分や予算に応じて食べるところを選ぶといいと思います。

実際に行ってみた。

写真を載せた方がわかりやすいと思ったので、ちょうどお弁当も持って来ていなかったのでお昼ご飯を食べに行って来ました。しかし、そんな時に限って画質のいい方のiPodを持っていくのを忘れてしまい、古い方の携帯で写真を撮りました。


メインは2種類ある中から選びます。鶏肉と豚肉からのチョイス。鶏肉を煮込んだものを選びました。


まずでて来たのは、こちらのスープ。コミダコリーダでありがちなスープです。トマトベースのスープに、パスタが入っているというもの。素朴な味がしておいしいです。


スープと一緒にやってくるのは「アグア」。アグアはスペイン語で水という意味ですが、ただの水を差す場合と、アグアフレスカといって、フルーツの果汁が入ったジュースを挿す場合があります。コミダコリーダでやってくるのは、後者のアグア。

季節のフルーツが使われていることがおおく、この日のアグアは「グアバ」でした。トロピカルで爽やかな味わいです。

写真の撮り方がまずく伝わりづらいのですが、このアグア、めちゃくちゃ大きいのです。


そしてしばらくしてやって来た、鶏肉の煮込みとご飯。奥の方に見えているタオルは、台拭きではありません。中にトルティージャが入っています。

トルティージャは、空気に触れると冷えて硬くなるので、こんな風に布に包まれて出されることが多いです。丸い形の布でできたトルティージャ入れなども売られているくらいです。(鍋敷きにも見える。)

ご飯とトルティージャの組み合わせは、炭水化物に炭水化物です。メキシコ人がふくよかなのも納得の組み合わせ。ご飯はもはやおかずの一部です。


お店の様子。小さな店内ですが、みんなが同じ方向を向いて座っています。というのも、その目線の先にはテレビが置いてあり、テレノベラという昼ドラが放送されているのです。メキシコの人はテレノベラが大好きです。

みんな食べては、でて行って、とかなりの回転の速さです。私が来店した時はこのおじさんとおばさんと私の3人だったのですが、ひっきりなしにやって来て、最終的には満席で相席にもなっていました。

黙々と食べて、最後のアグアがなかなか飲みきれず、飲みきるころにはお腹がいっぱいです。そしてこれだけ食べてなんと、35ペソ!!!(2017年2月1日現在のレートで、日本円にして約192円。)

お、お得だーーーー!!!

35ペソはコミダコリーダの中でもずば抜けて安いと思いますが、ちょっといいレストランなどでも100ペソ(約550円)以内で食べられたりするので、お得です。場所によっては、さらに小さなデザートがつくところもあります。まさに、日本の「定食」「ランチ」です。

ちなみに、このお店は名前はわからないのですがICOから歩いて5分くらいのところにある一等バスADOのバスターミナルの向かいにあるお店です。

ICOの近くにあるOKASAというレストランのコミダコリーダ(62ペソ)もおいしいです。地元の人にも人気なので、メキシコ人のお昼ご飯時間(2時〜4時)くらいに行くと混み合っている恐れがあるので、その少し前にいくのがおすすめです。

種類も豊富

オアハカは、昼ご飯のオプションがたくさんです。

ホームステイをしている人は、ホストファミリーが用意してくれる家庭料理を家族のみんなと一緒に楽しむのもいいですし、ちょっといいレストランに行ってみたいという人は観光都市オアハカなのでもちろんレストランやカフェも充実しています。あるいは、もっと手軽にメキシコのストリートフードを楽しみたいという人は、道端でタコスやトルタ(メキシコホットサンドウィッチ)などに挑戦するのもありです。

コミダコリーダを提供してくれるところも小さな食堂のようなところで食べると、家庭料理のような優しい味付けのところが多いです。メキシコ料理は辛いイメージがありますが、基本的には素朴な味のものが多く、サルサで辛味を調整できるという感じです。外食にはなりますが、しっかり栄養も取れるので、その点から見ると自炊するよりも安く上がるかもしれませんね。

オアハカに来るみなさん、ホームステイをする方も、食のことは心配しないで大丈夫です!!おいしい食事を楽しみにお越しくださいね。


日本人スタッフ あみ

2017年2月1日水曜日

【お得情報!】スペイン語コースについて

こんにちは。風がよく吹いている今日このごろのオアハカです。

いわゆる、febrero locoというやつです。その風のせいで、目にゴミが入ったり、室内にいると肌寒く感じたりするのに、日向を歩くとすでに暑いので、何を着ていいのやらわからなくなります。四季の変化の薄いメキシコですが、メキシコ的にはこれが季節の変わり目と言えるのかもしれません。

これからオアハカにいらっしゃる方は、室内寒さ対策と、室外暑さ対策(サングラスや防止など日光から体を守るためのもの)をお忘れなく!

2017年はスペイン語留学してみようかな、と考えている方に朗報です!

ICOでの学費及び宿泊(ホームステイ)代の支払いをを日本で行っていただけるようになりました。

今までは、授業料はオアハカ到着後にICOのオフィスにて、ホームステイ代はホストファミリーに直接お支払いただいていたのが、日本で先にお支払いを済ましてからオアハカに来ていただくことができます。

それにより、こんなメリットが生まれます。

  • オアハカについてからATMで大金を下ろす必要がなくなるので安全!
  • 現地に持ってくるお金(あるいは下ろすお金)は生活費のみでOK!
  • 日本の銀行口座に日本円で振り込める!

さらに、今なら渡墨前に日本でお支払いを完了していただくと10%の割引になります。

さまざまな留学スタイルに対応


ICOなら一週間からのプチ留学から、長期の留学までそれぞれの方のニーズにあった留学を受け入れています。

【こんなに多様な、オアハカ留学への動機】
  • 日本でスペイン語を勉強しているので、現地で実践を積みたい!
  • スペイン語も勉強したいけどオアハカの街も楽しみたい!
  • DELEを受験したいから、その準備をしたい!
  • メキシコで就職できるくらいの語学力を身に付けたい!
  • 世界から来た色々な人と知り合いたい!
  • 旅をするのに必要なスペイン語だけを重点的に学びたい!

など、みなさんスペイン語を学ぶ目的も、オアハカにやってくるのも理由は千差万別です。留学を少しでも考えていらっしゃる方は、それぞれの方の希望に合うプランを一緒に考えさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

クリックすると、拡大表示されます。

それでは、良い一週間をおすごしください。日本では、明日が節分ですね。まだまだ寒い日が続くと思いますが、暦の上では春です!

日本人スタッフ あみ

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!