2016年10月17日月曜日

【死者の日コース2016】ワークショップ開催

こんにちは。先週は太陽が出ていない日が何日かあり肌寒く感じる日が続きました。。メキシコ人はこぞって「寒いなぁ」と口にしていましたが、ロンドン出身の人は「ロンドンよりまし。ロンドンは一年じゅうこんな感じ」と言って特に寒がる風でも文句を言うでもありませんでした。つくづくオアハカは恵まれた気候なんだなぁ、というか、これくらいで寒い寒いというなんて甘やかされている!ということを感じた一幕でした。

しかし週末は一転して太陽がギラギラと出て、「暑い……」と思わず口をついて出てしまうような気温でした。太陽の光が強いので長時間歩くと、目が疲れます。サングラスや目薬など目をケアするグッズがあるとかなり助かります。

さて、死者の日が近づいて来て街は死者の日に向かいそわそわとした雰囲気が漂っています。

ICOでも「死者の日コース」が開催されますが、ワークショップの開催日程のめどが立ったのでお知らせします。

今年は、コンパルサ(パレード)の開催が11月1日(火曜日)の開催になったので、それに合わせてマスク作りのワークショップが1週間前倒しにて開催されることになりました。

マスクは型作りから始める本格派!

シュガースカル(砂糖で作るガイコツの頭)やチョコスカルなどを作ります。

<ワークショップ>

  • 10月17日(月)〜20日(木):マスク作り
  • 10月24日(月)〜27日(木):マスク作り、死者の日のお菓子作り
  • 10月31日(月)〜11月3日(木):死者の日のお菓子作り


<イベント>

  • 11月1日(火):コンパルサ(作ったマスクをつけて学校の周りを練り歩きます。チョコレート、パン、メスカルが振る舞われます!)

注意)ワークショップはメインプログラムの一環なので、ワークショップのみの受講はできません。ただし、プライベートレッスンと組み合わせて受講していただくことは可能です。詳しくはお問い合わせくださいませ。

また、ICOの生徒さん向けにツアーも開催されるので、詳しくはICOのオフィスまでお越しください。(空きがでそうなら、一般の方もお申し込みしていただけるかもしれません。情報は、当ブログあるいはツイッターにて発信するのでお見逃しなく!)

それでは、良い一週間をお過ごしくださいね。


Instituto Cultural Oaxaca
日本人スタッフ あみ

0 件のコメント:

コメントを投稿

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!