2016年9月30日金曜日

【今日は何の日?】9月29日

こんにちは。今日は久しぶりに朝から晴れ間の広がるオアハカです。雨の後なので、気温はひんやりとしています。しかし、空の青がとても濃くて、そして澄んでいるのでとても爽やかな朝です。

今日で9月も最終日。今年ももう4分の3が過ぎてしまったのかと思うと本当に早いなぁ、としみじみとしてしまいます。

「トウモロコシ」の日

昨日はメキシコでは「トウモロコシの日」でした。トウモロコシはメキシコではなくてはならない食材であるとともに、メキシコ人のアイデンティティを形成する上でも重要な役割を担っています。トウモロコシとともにメキシコ人があると言っても過言ではないくらいに、生活には欠かせないものです。

2009年から始まった、トウモロコシの収穫とメキシコ人にとってのトウモロコシが古の時代からもたらしてきた意味を再確認するためのお祝いです。それを祝うためのカレンダ(パレード)が昨日行われていました。ICOの前も賑やかに通り過ぎていたので少し見に行ってみると……。

たくさんの人たちが練り歩いていました。

大きな人形も、よく見たら黄色い髪の毛に緑のスカート。はっ、これは、トウモロコシ色ではないか……!

小中学生くらいの子供たちもたくさん練り歩いていました。遺伝子組み換えトウモロコシに反対するプラカード。

トウモロコシ一色のカレンダ!手作りのトウモロコシグッズがどれも愛嬌があってカレンダに華を添えていました。

カレンダではいろいろなものが沿道の人たちに配られます。通常ならお菓子やメスカルなどが振舞われることが多いのですが、トウモロコシのカレンダはトウモロコシの製品が多く配られていました。私もポップコーンをゲットしました。「遺伝子組み換えトウモロコシ反対」の文字とともに。一番身近な食材だけに、食の安全を守ることは大切です。

カレンダは、お祭りが始まることを知らせるためのパレードなのですが、ここオアハカでは特によく見られる気がします。最初は、「お祭りを発見してなんてラッキー!」と思っていたのですが、かなりの頻度で見かけるので今では「ああ、カレンダか」というふうになってしまいました。しかし、昨日のこのトウモロコシカレンダはものすごく新鮮で、とても大きなカレンダで見ていて楽しかったです。

オアハカに来たらカレンダに出会う確率はかなり高いです!!これからオアハカに来られる方はどうぞ楽しみにしていてくださいね。

それでは、良い週末をお過ごしください。

Instituto Cultural Oaxaca
日本人スタッフ あみ

2016年9月26日月曜日

【FOOD】オアハカに来たらぜひ!おすすめのレストラン「イタノニ」!

こんにちは。雨季がの終わりが近づいているためか、最近は夕方から夜にかけて雨がよく降ります。今日ものんびりしたオアハカタイムが漂っています。

オアハカの情報と魅力を発信する目的でこのブログを書いているわけですが、今まで手を出していなかった禁断のゾーンについに手を出そうかな、と思います。

ずばり、「レストラン情報」です。

ガイドブックなどにもレストラン情報が載っています。例えば地球の歩き方にもオアハカのページがあってレストランも載っていますが、非常に情報が少ないと思っていたのです。

オアハカはメキシコ国内の中でも美食の町として知られ、おいしい食べ物が本当にたくさんあります。

今日は、セントロ(町の中心)からは少し離れていますが、足を運んでみる価値のあるおいしいレストランを紹介したいと思います。

Itanoni

(出典:TripAdvisor

Instituto Cultural Oaxacaから北へ歩くこと10〜15分。住宅街の中にある「イタノニ」は、トルティージャのおいしいお店です。

注文してからポンポンポンと形を作り、コマルと呼ばれる陶器で出来た大きなお皿の上でトルティージャを炭火で焼いてくれます。

メニューはシンプルで、トルティージャやケサディージャの他に、卵などもあります。いわゆる目玉焼きなのですが、困るで焼かれてトルティージャに包まれた香ばしい味わいは素朴ながらも、家で調理するのとはひと味もふた味も違います。

(出典:Serious Eat)

おすすめは、「テテラ」という三角形のトルティージャです。中に具を入れて焼いてもらうのですが、ハーブやキノコなど種類は豊富。個人的にはキノコのテテラ(呪文のようだ……。)を一押しです!

店内も広々としていて、のんびりと朝ごはんやお昼ご飯を楽しむのにもってこいの雰囲気です。アグアも色々な味があり、甘すぎないのが日本人にはうれしいです。もちろんサルサも数種類用意されているので、自分の好きな辛さや味に調節して食べることができます。

「メキシコ料理=辛い」というイメージがありますが、それは必ずしも正しくありません。トウモロコシは、日本料理でいうところの米のような、メキシコ料理で最も大切な素材ですが、そのトウモロコシのもつ本来の自然な味を楽しむことができるのがこのレストランです。豪華な料理ではないのですが、素朴で自然な味のするおいしい料理たちはぜひとも試してみてほしいです。そして、価格がリーズナブルなのもおすすめの一因ですよ〜!

オアハカにこられた際には、ぜとも!

(出典:Serious Eat

【お店情報】
住所 Belisario Dominguez 513, Reforma, 68050 Oaxaca, Oax.
電話: 01 951 513 9223
営業時間: 月〜土曜日 7時00分~16時00分、日曜日 7時00分~14時00分
※ディナーの時間は空いてないので要注意です。


それでは、良い一週間をお過ごしください。


Instituto Cultural Oaxaca
日本人スタッフ あみ

2016年9月23日金曜日

【展覧会情報・大阪】ICE CREAM PARADISE A Mexican Flavor

こんにちは。オアハカでは、昨日めちゃくちゃ雨が降りました。



バケツをひっくり返したような、ゲリラ豪雨、まさにそんな感じでした。

あれだけ雨が降ったせいか、今日は朝から涼しいです。(ちょっと肌寒いくらいです。)でも、ほこりが全部洗い流されて街全体がなんだかさわやか!ICOから2ブロック離れたところにあるジャノ公園も今日は、金曜日の市が立っています。新鮮な野菜やフルーツ、朝一から山積みに焼かれた鶏肉の美味しそうな匂いを振り切ってやってきました。

さて、このブログですが、全然コメントとかがつかないので誰にも見られずにひっそりと存在しているのかと思っていたのですが、ICOに来た生徒さんからかなりの確率で「ブログ見てました!」「ブログを参考にして留学準備進めました!」と言ってもらえているので(ありがとうございますー!)、今この瞬間も日本から誰かに見てもらえていると願って、今日は日本国内のイベントについて紹介したいと思います。

展覧会情報・大阪

オアハカは日本人にはあまりのない街ですが、知る人ぞ知る「民芸品の宝庫」。オアハカの郊外には様々な村が点在しており、それぞれの村ごとに違う種類の民芸品があるといっても過言ではないくらいです。有名なところでいうと、サンアントニーノ村の刺繍や、アラソラ村・ティルカヘテ村のアレブリへ(木彫りの絵付け人形)などは、雑貨好きの人はぴーんとくる名前かもしれません。

アレブリへ

そんな民芸品やクラフトにあふれたオアハカなのですが、もう一つ特筆しておきたいのは「アートの街」でもあるということです。そんなに大きくない街のいたるところにギャラリーが点在したり、街を歩けばグラフィックアートが壁にえがかれていて、若手アーティストが精力的に活動しています。

版画、写真、絵画、ストリートアート、陶芸など、本当にたくさんのアーティストが活躍しています。

ウリエルマリン氏もその若手アーティストの一人です。彼は、ベラクルス州出身なのですが、現在はオアハカで活動しています。版画家で、日本の浮世絵に感銘を受けそれ以来日本をしばしば訪れていて、なんと今現在日本を訪問中です。

過去にも何度か大阪で展覧会をしたことがあるそうなのですが、この度大阪の中津のギャラリーで展覧会を開催することになったそうです。

ウリエル氏の作品は、日本人だったら思いつかないだろうなぁ、という外から見た日本を独特の感性で自分の作品の中に取り入れています。だから、日本の雰囲気が漂っているような、でも完全な日本ではないという、なんとも不思議な世界観です。

24日土曜日が展覧会のオープニングだそうです。初日のオープニングパーティにはウリエル氏も在廊とのことなので、関西方面にいらっしゃる方で、オアハカの風をちょっと感じてみたいーーー!という方は、ぜひぜひ足を運んでみてください。


ICE CREAM PARADISE A Mexican Flavor
HP:http://www.aidagallery.jp/current-exhibition/
OPEN:Saturdays and Sundays
Address:Hakuen Bld.32, Toyosaki 4-9-16 , Kita-ku Osaka-shi, Osaka, 531-0072, Japan

それでは、良い週末をお過ごしくださいね。

日本人スタッフ あみ

2016年9月21日水曜日

避難訓練

避難訓練で庭に集合

こんにちは。雨季はまだ続いているのですが、終わりが近づいているのでしょうか。晴れたときはめちゃくちゃ青空が広がる今日この頃のオアハカです。

空が青くて高くて気持ちがいいです。メキシコの他の都市から来た人たちも、オアハカの空は広いなぁ、と言っているのをよく耳にします。

そんな青空のオアハカ、9月19日に地震の避難訓練が行われました。

メキシコでは、1985年にメキシコシティで大震災がありました。死者1万人以上をだす大惨事だったそうです。その日を忘れないために、また防災の意識を高めるため、そしてアラームが正常に作動するのかをチェックするために9月19日に防災訓練が行われるのです。

大地震を経験したことのある国である割には、オアハカの人たちは地震に対してあまり関心が高くないように感じます。オアハカでは定期的に体に感じられるくらいの地震があります。立っていられないとか、物が崩れ落ちてくるといったレベルの物ではなく、またオアハカには高い建物もほとんどないので、真剣に心配している人たちは少ないような感じがします。

しかし、1985年の大震災の経験からメキシコでは地震に対する防災システムが整備されています。

地震が起こる約50秒前に、街角に設置されているアラームが作動して地震が来ることを知らせてくれます。(このような音です。https://www.youtube.com/watch?v=BmtYhtsy72A)室内にいてこの音を聞いたら、一緒にいるメキシコ人の指示に従うか、外に出るようにします。

地震が発生してから、震源地や規模などの情報を見るには、Servicio Sismológico Nacional (SSN)のウェブサイトがおすすめです。起こった地震の情報がすぐに反映されます。

地震大国出身の日本人は地震に敏感だと思います。また、情報が不足してどのような状況にあるのかわからないのが地震発生後は一番気になるところだと思うので、地震が起こった際は上記のサイトなどは情報収集に役立つと思います。

「大丈夫だよ〜」

とメキシコ人は笑って地震はなんでもないと言いますが、「天災は忘れた頃にやってくる」という言葉もあるくらいなので、油断しすぎないくらいがちょうどいいのかもしれません。また、アラームのことも知らないといきなり町中に響き渡る警告音にドキッとしてしまいますが、知っていると正しく行動ができると思うので、参考までにチェックしてみてください。

それでは、良い一週間をお過ごしください。

Instituto Cultural Oaxaca
日本人スタッフ あみ


2016年9月16日金曜日

【ワークショップ】独立記念日特別ワークショップ!

こんにちは。16日金曜日、独立記念日のメキシコです。

今週のICOでは、独立記念日の週ということで特別なワークショップが開催されていました。

月曜日と火曜日はメキシコの独立の歴史などについてのレクチャーがありました。日本は独立記念日がないので、あまりピンと来ませんが、先日のブログでも紹介した通り、メキシコは独立記念日が近づくととにかくメキシコ国旗が町中にあふれます。

街やお店の飾りつけもメキシコ国旗あるいはメキシコ国旗カラーの赤、白、緑がいたるところに現れます。メキシコ人の愛国心の高さがよく表れていると感じます。

さて、ワークショップ。独立記念日について学んだ後は実際にどうやってお祝いしているのかを、食を通して学ぼう!ということで、水曜日と木曜日はこの季節によく食される料理を作りました。

チレスエンノガーダス


大きなチリの中に、ひき肉や果物などをたくさん詰め込んだこの料理。ナッツ入りの白いクリームとザクロ、パセリを上にトッピングしていただきます。赤、白、緑のメキシコ国旗カラーなので、独立記念日のこの時期によく食されるのだそうです。

チリの中に詰める具。ひき肉の他にリンゴなどの果物も入っています。

レシピを確認しながら作ります。

揚げる工程。フライパン一杯の大きさのチリは迫力満点。う〜ん、美味しそうですね〜!

最後は、先ほども書いたクリーム・ザクロ・パセリをトッピングして出来上がり。
他に似た料理がないので、なんとも形容しがたいのですが、いろんな味がして独特の味わいです。
これは、メキシコにしかない料理だと思うので、メキシコに来られた際は是非とも食してみてください。おすすめです!

ポソレ


木曜日はポソレでした。ポソレは大きな白いトウモロコシの粒が入ったスープです。


白いスープのポソレもあるそうなのですが、今回は赤いスープ。
トマトの色なので辛味はありません。
出来上がったスープに、鶏肉・豚肉・赤カブ・タマネギ・レタス・オレガノなどをトッピングして、揚げたトルティージャとともにいただきます。
こちらもトッピング後は、赤・白・緑の国旗カラーです。

おいしいポソレに思わず顔がほころびます。

まとめ

オアハカは食の街。そしてメキシコは食の国です。普段の食事もおいしいのですが、お祭りの時の食事はまた格別です!

特定の季節にしか食べられないものもたくさんあるので、メキシコに来たら(特にオアハカでは)、おいしい季節の食べ物を逃さないようにしてくださいね!

それでは、良い週末をお過ごしください。


日本人スタッフ あみ


2016年9月7日水曜日

【お祭り】9月のメキシコは、独立記念日ムードです!

こんにちは。お祭り大国メキシコでは、次から次へとお祭りがあるわけですが、9月はメキシコの人たちにとってはとても大切な月です。

というのも、「独立記念日」があるからなのです。国家の自由のために、さまざまな出来事があった9月は「mes de la patria」とも呼ばれたりもします。

9月になると、街にはメキシコ国旗のカラー(赤、白、緑)があふれます。布屋さんや文房具屋さんでは、独立記念日に向けたデコレーショングッズが売られはじめ、街の中にもメキシコグッズが売られた簡易屋台が現れます。(写真参照)

国旗、風車、太鼓、帽子、かつら、ステッカー、リボン、キーホルダーなど、など。何でもかんでもとにかくメキシコカラーです。


独立記念日のない日本人にとってはこの盛り上がりは、「おお……」と客観的になってしまうところもありますが、メキシコは愛国心の強い国だなと感じる場面でもあります。

9月15日には、州庁舎で独立の叫び(グリート)が行われるので、このようなグッズを持った人たちがわらわらと街を歩いています。

ICOの前を走るAve. Juárez(フアレス通り)にも、先日から電飾が設置されています。夜になると、赤・白・緑の光が灯ります。

やはり「食」!

この季節を代表するメキシコの料理に「チレスノガーダ」というものがあります。

出典:http://diarionoticiasweb.com/
ひき肉や野菜、果物などをポブラーノというチリの中に詰め、くるみ入りのクリームソースをかけた料理です。色々な味が絡み合って独特の味わいなので、どの料理ににていると例えようがないのですが美味です。

ソースの上にザクロの実を散らすと赤・白・緑のメキシコカラーになるので、この季節に好んで食べられます。オアハカの料理ではないのですが、9月にはオアハカのレストランでも提供されるところが数多くあります。不思議な味わいに最初は戸惑いますが、なんだか病みつきになる味なのです!期間中にオアハカにいる人はぜひともご賞味してみてください。

9月のオアハカは、気候も良く観光客も若干少ない時期なのでのんびりと勉強したり街を観光したりするのにはおすすめの時期です。日本から思い立って急にこれるわけではないので、今年は難しいかもしれませんが今後留学を考えている人がいたら9月のオアハカも検討してみてくださいね。

メキシコにこれないという人は……


日本でも、メキシコの独立記念日に合わせて面白そうなイベントがあるようです。

出典:https://www.osaka-info.jp/jp/events/festivals_events/7727.html

大阪と東京のイベントでは飲食ブースやメキシコのダンスが見られるステージなどもあるようです。奈良のものは偶然見つけたのですが、なぜならでメキシコが?!という疑問も拭えないところですが、メキシコの音楽が演奏されるようです。

お近くの方はぜひぜひメキシコの雰囲気を味わってみてくださいね。そして、次回はメキシコへ……!

それでは、週末はフィエスタメヒカナにぜひ!


日本人スタッフ あみ

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!