2015年4月3日金曜日

セマナサンタコース【モローテ】

こんにちは。

今日はぐんぐんと気温が上がって、暑いです。オアハカ。風が吹くと涼しいのですが、寒暖差が堪えます。

昨日のワークショップは、引き続きクッキング。セマナサンタの期間はお肉を食べない習慣があるので、ミートレスなメニューが多いのだそうです。(今更ながら、ああ、なるほどなぁ。)



本日のメニューは、「バナナのモローテ」。

モローテ、ってなんて説明すればいいのだろうとウィキペディアで調べてみるも、スペイン語とナワトル語でしか出てこないという……。完全にメキシコ料理なんだなぁ、ということが判明しました。

よく屋台で売られているのはジャガイモのモローテです。ジャガイモのペーストにマサ(トウモロコシの粉)を混ぜて、真ん中にチリやお肉を挟んであげる、というのが一般的なものです。

今回のものは、ジャガイモの代わりにプラタノ(バナナ)を使って作られていました。

プラタノマチョという食用の大きなバナナを使います。風味も普通のバナナとは少し異なります。プラタノマチョをただ切って揚げただけのものに練乳をかけたものも屋台で売られているのを見かけます。小麦粉を混ぜてタネを作ります。

タネを手のひらに載せて、チリやお肉の代わりにチーズを入れます。なんだか、おにぎりみたい。

タネは結構ゆるいので形を作るのは意外と難しそうです。

今週のワークショップは、大盛況。みんなで手分けしてタネを丸めます。

丸めた者から油で揚げます。見た目はコロッケさながら。


お皿に盛るとさらにコロッケ感が増しますね。


キャベツを添えると、もはやコロッケにしか見えない。
※バナナです。

最後はいつものように出来上がりをみんなで食べます。これがかなりおいしくて(間に挟んだチーズとも相性抜群でした。)みんなおかわりして食べる人気ぶり。私も味見にと、一ついただきましたが、外はかりっとあがっているのに中身はほくほくと甘いバナナが出てきて、おいしかったです!!

食べ物のおいしい場所・国はいいなぁ、と改めて感じた次第です。

日本人スタッフ あみ

0 件のコメント:

コメントを投稿

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!