2015年3月20日金曜日

オアハカに留学!【物価について】

こんにちは。

夏が到来、のような、すでに半袖で過ごせてしまっているオアハカです。この間の寒かった数日間がうそのように、最近はぐんぐんと気温が上がってきているような気がします。でも、陰や建物の中は涼しくてちょうど良いです。

「ブログ、何をネタにしようかなぁ」と思っていたのですが意外と留学をする際のオアハカ情報をブログから収集してくれている方が多いということがわかったので、生活する際に参考になることを書いてみようと思います。

そう、それは、お金。笑

やはり、一番気になるのは「いったいいくらかかるのだ?!」ということです。授業料などは事前に調べられたりしますが、生活費はあまり見当がつかなかったりするものです。

スペイン語留学を考えている人は、まずはヨーロッパのスペインに行くか、それとも中南米に行くかで迷うと思います。(ちなみにメキシコは、地域でいうなら北米に区分されます。)

「航空券は安くすむけど、生活費が高い」ヨーロッパか、「航空券が高いけど、生活費は押さえられそう」な中南米か……。留学する期間(生活する期間)などにもよりますが、以下参考にしてもらえればと思います。

1)航空券について

航空券については、購入する時期やチケットの種類にもよって金額は様々です。最近では、最安値を出してくれるサイト(SkyScanner)があったりするので安いチケットも割に簡単に探して手に入ると思います。乗り継ぎの時間を見たらとんでもない待ち時間だったりもしますが……。

オアハカは、メキシコの中でも地方都市なので、国際空港はありますが発着便数はそんなに多くありません。日本から一番楽に来れるルートは、アエロメヒコの成田〜メキシコシティ〜オアハカ、だと思います。アメリカを経由する便では、成田〜ヒューストン〜オアハカが便利です。

ただ、日本からオアハカまで飛ぶのと、メキシコシティまで飛ぶのとで航空券にかなり値段の差があります。そういうのを見るたびに、ああ、地方都市……と思ってしまいます。メキシコシティ〜オアハカへはバスで6時間で、メキシコの長距離バスは発達して広々とした空間で快適なので、航空券代を押さえたくて時間に余裕のある人は、メキシコシティまで飛んでその後はバス、という方法もありだと思います。

2)生活費について

メキシコの物価ですが、「これめっちゃ安いなぁ〜!!」と感じるものも中にはありますが、「ちょっと高いなぁ」あるいは「日本やったらもっと安く手に入るのに……」と思うものもあるので、一様にめちゃくちゃ安いというわけではありません。

安いな、と感じるものの代表は野菜や果物です。特に旬になるとその値段はぐっと下がります。ほうれん草が一束5ペソ(約40円)やトマトが1キロで10ペソ(80円)、メロンが1玉20ペソ(160円)など、日本と比べたら激安です。

カフェでお茶をする際は、ローカルのお店が安くておいしいです。スターバックスもオアハカにはあるのですがローカルのお店に比べると割高です。オアハカやチアパスはおいしいコーヒーでも有名、(また、オアハカはチョコレートでも有名)なので、地元のカフェの方が安くておいしいコーヒーを提供しているところが多いです。コーヒー一杯15〜25ペソ(120円〜200円くらい)です。お気に入りのカフェを見つけて宿題をしたり勉強したりするのがおすすめです。

食べ物については、屋台や市場、食堂で食べると安いです。水が合ってくるまでは、屋台で食べるのは不安かもしれませんが、慣れて来ると地元の人たちに交じって食べると楽しいです。メキシコは、昼ご飯、晩ご飯ともに遅いので、間食をする習慣があります。トウモロコシ約15ペソ(100円)、ホットサンドイッチ25〜50ペソ(200円〜400円)など気軽に買い食いできる屋台がそこら中にあります。食堂の日替わり定食は場所によって値段が様々ですが、スープ、メイン、飲み物がついて40〜80ペソ(350円〜700円)くらいで食べることができます。レストランは、食堂よりは高めですが美食の街オアハカには、試してみたいレストランもたくさんあります。

交通は、市バスが6ペソ(約50円)、コレクティーボタクシー(乗り合いタクシー)は行き先によっても値段が異なりますが20〜30ペソ(160円から250円)くらいです。通常のタクシーなどはこれらの交通手段に比べると割高ですが、日本と比べると圧倒的に安いです。

携帯電話事情ですが、通話のみの安い電話だと300ペソ(約2,500円)くらいで購入できます。SIMカードは150ペソ(約1,000円)なので、SIMフリーの携帯を持っていると安価に携帯を手に入れることができます。料金はプリペイド式なので、必要な分だけチャージして使います。プランもあるようですが、圧倒的にプリペイドで使っている人が多いと感じます。また、Wi-Fiがカフェやレストランでは普通に飛んでいるので、スマートフォンを持っているとLINEやWhatsapp(LINEのようなアプリ)、Skypeなどでコミュニケーションをとれるので、通信費もほとんどかかりません。

高いなぁ、と感じるのは電化製品と文房具です。携帯の充電器、電池などこまごまとした電化製品も日本で買って持ってきた方がいいと感じます。文房具は、圧倒的に質が違うので、慣れたもので勉強したいというのであれば日本から持ってきておいた方がいいかもしれません。靴や服なども意外と高い気がします。ああ、ユニクロってすごいなぁ、とつくづく感心して今います。

生活してみると、何もかもが安くて豪遊できるというわけでは無いですが、生活費全体は日本よりも格段に安いと思います。また、日本で暮らしているとどうしても頭を悩ませるのが交通費。(どこへ行くにも意外と高くつきますよね。)オアハカはそんなに大きな街ではないので、徒歩でいろんなところに行けてしまうので、交通費の心配をする必要は無いと思います。

小さな街ですが、美術館や博物館もたくさんあり、文化的なイベントが多いのもオアハカの特徴です。観光に力を入れているので、町中で無料で開催されるイベントも多く、ふらふらと街を歩いているだけでいろいろなイベントやフィエスタに遭遇します。やはり、文化的・芸術的なことに力を入れている街は住んでいて楽しいです。住んでいる人も、また訪れる人も文化的なことに興味のある人やそれに従事している人が多いので、いろいろな人に出会えるのがオアハカの素敵なところだと思います。

オアハカ、なかなか魅力的な街だと思いませんか……??

もしもスペイン語留学、どこに行ってみようかな、と悩んでいる人がいればこのブログの内容が参考になれば幸いです。

それでは、よい週末をお過ごしくださいね。

Instituto Cultural Oaxaca
日本人スタッフ あみ

0 件のコメント:

コメントを投稿

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!