2014年6月6日金曜日

雨季



こんにちは。みなさん、お元気ですか。

久しぶりの投稿になりました。気がついたらもう6月に入っています。気候が日本と全然違うので、今がいったい何月なのかよくわからなくなります。オアハカの一番暑いと言われている時期は4月とか5月なので、ピークは知らない間に過ぎていたことになります。

そういえば、オアハカに到着したてのころは、

「オアハカ、暑いですね。」
「まだまだ暑くなるよ〜!!」
「まじですか……。勘弁してほしいなぁ……。」

という会話をよくしていた気がします。ところが最近では、

「なんか、朝晩寒いね。」
「ほんとねぇ。」

などという会話をよくしている気がします。そう、ここオアハカは日本と違って気候が乾燥しているので、少しでも曇ったりすると肌寒いと感じることが多いです。はれたときは太陽の光がかなり強いので、焼けるような暑さになるのですが、太陽がないと嘘みたいにすずしかったりします。この気候に慣れると、ちょっと湿気っただけでも、蒸し暑いなぁと思ってしまいますが、日本の蒸し暑さとは比べ物にはなりません。

最近は、そんな曇りがちの日が多く、雨が降ることもしばしばです。6月か7月になると雨季が始まると聞いていたのですが、今年は少し前倒しで始まっている様子です。

日本の梅雨と違って、しとしとと一日中降り続くことはありません。大体、夕方くらいに雲行きが怪しくなってきて、ざーーーーと降り始めます。30分〜数時間でやむことが多いです。たまに一晩中降り続けていることもありますが、朝には上がっていることが多いです。

雨が上がったあとの夜景は、日中舞い上がったほこりがきれいに落とされるのか、雨が降らない日に比べてランプなどがよりくっきりと闇に映えてきれい(オアハカの街灯は圧倒的にオレンジのものが多いので、黒い闇にくっきりと浮かびます。)なので、雨もなかなか乙なもんだなぁと思いながら眺めています。

日本では、雨が降り始めるとコンビニの入口付近にビニール傘が陳列されますが、ここオアハカでは、どこからともなく「雨がっぱ〜!!」と叫びながら歩いてくるおじさんをたまに見かけます。雨が降り始めたら直ぐにカッパを販売できるように一日中持ち歩いてるんかなぁ、と不思議に思いながらじっと見つめていると、

「いるのか??」

と声をかけられて、あわてて首を横に振っていらないアピールをしている私です。

今からの時期、オアハカに来るプランがある人は折り畳み傘があると重宝すると思います。

ICOスタッフ あみ

0 件のコメント:

コメントを投稿

>>こちらの記事も読まれています!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!

短期のプログラムをお探しの人におすすめ!
スペイン語も文化も観光も体験したい人にオススメ!